ジク (SIKU) アルファロメオ 4C

以前購入したSikuのミニカー「ザ・ビートル」は素晴らしい出来だった。
というわけでまたSikuのミニカーを買った。
ここはドイツブランドのせいか乗用車のラインナップはポルシェ、BMW、フォルクスワーゲンなどドイツ車中心だがこれはイタリア車だ。

アルファロメオ4Cである。


前後のライト部分にクリアパーツが嵌め込まれている。

ヘッドライトは複数の小さな凹みをつけた複雑な形状。

部品が分厚くて盛り上がっている。すごく綺麗だ。
表面の模様がちょっと骸骨っぽく見えるのでユニークだ。

ライトのクリアパーツを見ればそのメーカーの技術力がわかるかもしれない。
外周部が欠けていたり、バリが残っていたり、接着剤の気泡が見えたりする製品も多い。
Siku製品はクオリティが高い。


ゴムタイヤ装着もこの製品の嬉しい特徴だ。


ホイール、タイヤともにザ・ビートルと共通パーツかと思ったのだがよくみるとアルファロメオの方は穴が抜けていない。
何かの間違いで一個だけというわけではなく四輪全部抜けていないのであった。


最近のスーパーカーに多い透明窓つきエンジンフードもバッチリ再現。


前面。


後面。


車内もリアルに再現。


全長は79.8ミリ。
wikiによると実車の全長が3989mmなのでスケールを計算するとだいたい1/50となる。


底はプラ。


重量は47グラム。

前後のランプ部分はクリアパーツ。ゴムタイヤ装着。左右ドア開閉。塗装でダレていないシャープなスジ彫り。
これだけの長所を備えて定価はなんと734円。
良心的な価格設定だ。