1/64 で睫毛も再現・京商オリジナル ランボルギーニ ミウラ P400

スーパーカーブームの頃にフェラーリと並んで特に有名だった自動車メーカーがランボルギーニである!
そしてそのランボルギーニの中でカウンタックとともに人気があったのがミウラなのだ!
というわけで京商のミニカー、ランボルギーニ・ミウラを紹介しよう!

そのうちトミカプレミアムあたりで発売されるんじゃないかと思って待っていたが出ないのでこれを買った。


京商のミニカーはなんか割高感があって敬遠していた。
このミニカーも1/64というミニサイズでありながら定価2160円という高価格。
清水の舞台から飛び降りるつもりで買った。

さすが高級品。パッケージが凝っている。

プラのディスプレイケースつきだ。

スーパーカーブーム当時からミウラには少なくとも二種類あるとみんな気づいていた。
ヘッドライトの上下に縦線が入った奴と入ってない奴だ。これを睫毛などと呼ぶ人もいる。
人気漫画サーキットの狼に登場したミウラが縦線入りだった。当時の小学生にとってこの作品はバイブルであり正しさの基準だったので縦線無しのミウラを偽物だという友達もいた。香港製のコピー呼ばわりする奴もいた。みんな適当なことばっかり言ってた。


京商のミウラはなんとこの線をしっかり再現している。
これには感動した。
1/64というミニサイズでこれを再現したのは素晴らしい。
ライト部分にクリアパーツが入っているのも良いが周囲がちょっと欠けているのが残念だ。


後部にもクリアパーツ嵌め込み。
このクリアパーツは良く見ると赤とオレンジの2色になっている。
恐ろしく芸が細かい。

底部はプラだ。

この部分にはやる気が感じられない。眺めてもあまり楽しくない。
・・・こんな所をしげしげと眺める人はあまりいないと思うが。


重さは24グラム。スッカスカに軽い。
京商のミニカーはディスプレイ専用だからこれでいいのだろう。


全長は67.9mm。
実車は4360mmなのでスケールを計算すると1/64となる。
公称通りだ。