ホットウィール ランウェイ・レスキュー

暑いー!
こんな時は日本古来の技「打ち水」で涼むのが良いだろう。
散水車を呼んで水を撒いてもらおう!

うわぁー!間違えて放水車を呼んじゃったよ!


しかも空港火災用。これ水じゃなくて薬品とかを噴射するんじゃないの。


見ているだけでますます暑くなる真っ赤なボディ。


上部の黄色いノズル部分から放水するのだ。


この黄色い部分が動くギミックつき。


目一杯起こした状態。


前面。


銀色の部分は底と繋がった合金パーツなのだ。


側面。


運転席に登るためのハシゴが再現されている。


サンドバギーなどオフロード車のHWでよく見かけるタイヤとホイールを装着している。


後面。


黒っぽい部分はクリアパーツ。とても綺麗。


底は合金の地肌剥き出し。今は綺麗だがやがて灰色になって輝きを失うだろう。


重さは37グラムだった。