ホットウィール カスタム’56フォード・トラック

ミニカーとレコードプレーヤーはどちらもクルクル回る丸い部品がついている点が共通している。
プレーヤーの隣にミニカーを飾るとレコード鑑賞がますます楽しくなるだろう。
その場合プレーヤーとミニカーのカラーリングは統一したい。

今使っているプレーヤー。つや消し黒のボディに白と赤の文字が入っている。


ホットウィール カスタム’56フォード・トラック


あまり光を反射しない。


つや消し黒のボディに白と赤の文字。


同じ色・・・と思ったがプレーヤーの方は微妙に灰色っぽい明るい黒なのでちょっと違った。


パンプキンの愛称で親しまれている車だ。


いわゆるピックアップトラックである。


一度見たら忘れられない個性的なフロントフェイス。


側面。わずかに後輪が大きいので前傾している。


輝く金メッキホイール。


内装のメッキは銀色なのだが窓ガラスが茶色いので所々金色っぽく見える。


荷台の床は銀メッキ。ボディがつや消しブラックで目立たないのでこの部分の輝きが際立つ。


後面。


底は赤いプラパーツ。造形はあまり凝っていない。


38グラム。トミカなら普通の重さだがホットウィール製品の中では重い部類に入る。


全長74.0mm。
スケールは約1/65。