ホットウィール フォード・エスコート

フォード・エスコートはフォードの欧州部門が作った車である。
元はイギリス市場向けだったが後に他の国でも発売された。
30年以上も生産が続けられたというからかなり人気があったに違いない。

ホットウィール フォード・エスコート RS1600


塗装は滑らかで綺麗だ。


前部。左右に分割されたバンパーもバッチリ再現されている。


クリアパーツ採用の魅力的なフォグランプ。
黒く曇ったような仕上がり。


側面。


イギリス向けの車なので右ハンドルだ。運転席側にだけミラーがある。


銀色メッキでド派手な内装。


ホイールのメッキも銀色。タイヤの回転は滑らかだった。


後面。モールド加工がクッキリしてなかなか良かった。


後ろのバンパーは普通に繋がっている。


底はメッキではなかった。


全長70.9mm。
フォグランプ部分を除いた全長は68.7mm。
スケールはおおよそ1/58。


37グラム。
このサイズのホットウィールで40グラムを超える物はあんまりないみたいだ。