トミカ プレミアム 06 テスタロッサ

実はスーパーカーという言葉には明確な定義がない。
昔は「死ぬほど速い」「気絶するほどカッコいい」「リトラクタブルライト装備」の3つの条件を満たせば多くの人々からスーパーカーと認定されていた感じだ。
フェラーリ・テスタロッサは正真正銘のスーパーカーなのである!

トミカプレミアムというトミカの中でも値段の高いシリーズの製品だ。


綺麗な塗装。


やたらとあちこちに横線のある車というイメージだ。


車体の下にわずかに何かが出っ張っている。


この出っ張りはリトラクタブルヘッドライトを開閉するための操作レバーだ。
動きは固く、しかも引っかかるような手応えがある。
壊れやすそうなのであまり動かさないことにした。


ライト収納状態。


ライトオープン状態。
今ではこの方式のライトは完全に姿を消したが昔は自転車にまで搭載された超人気装備だった。


ライトの銀色塗装は丁寧だ。


前部のグリル周辺の塗り分けも綺麗。


内装はクリーム色だがダッシュボードの上面だけ違う色という凝った仕上がり。


側面の複雑な凹凸も完璧に再現。


後部。跳ね馬マークもバッチリだ。


底の造形はあっさりしている。1/61と書いてある。


このシリーズはタイヤに四角い切り欠きがある。


36グラム。
やや軽め。