Welly シトロエン 2 CV

ルパン三世カリオストロの城でクラリスが運転していたあの変な形の車。
実は自動車の歴史に残る名車なのであった。
今回はWellyのシトロエン2cvを紹介しよう!

名車とわかった途端かっこよく見えるようになった・・・ということはない。


デザインについては発表当時から多くの人々に酷評されたが低価格と性能の良さが評価され約40年も作られ続けた。


ルパンが乗っていたフィアット500が作画監督の大塚さんの愛車だったのはわりと有名な話。
一方このシトロエンの方は宮崎駿監督の愛車なのだ。


前面。バンパーはプラ製の別パーツが取り付けられている。


ヘッドライトの塗装が綺麗だ。


側面。


シートの菱形模様がシャープに刻まれている。


後輪上部の隠れ具合が絶妙にリアルだ。


ドアミラーが再現されている。


後部のバンパーも別パーツ。ちょっとグラつく。


後部ランプの色もズレることなく定位置に塗ってある。


底はカシメてあるので分解不可能。


重さ31グラム。


全長74.8mm。スケールは1/52くらい。
トミカプレミアムのフィアット500は1/45なので並べて飾るとフィアットが巨大に見えて変な感じだ。