ホットウィール RD08

ホットウィールは世界最速のミニカーである!
タイヤの回転が滑らかなので転がして遊ぶと楽しいだろう。
今回は走行性能満点のホットウィールを紹介しよう!

架空の車のミニカー、いわゆる謎車だ。


重厚なフォルム。


このミニカーは底が合金でボディーがプラなので重心が低い。
車高は高いが安定しやすいはず。


タイヤは大径かつワイド。前後同じサイズだ。
このタイヤのおかげで滑らかな走行性能を実現した。


この迫力。贅沢を言えばホイールは輝くメッキ仕上げにしてほしかった。


ボディーがプラなので複雑かつシャープな成型が可能となった。


屋根は低く窓の面積は小さい。チョップドルーフと呼ばれるカスタム手法だ。


内装はきっちり作り込まれておりサンルーフからハンドルが見える。


36グラム。ゴツい見た目だがそれほど重くない。ボディーがプラのせいだろう。


全長69.9mm。

このミニカーのボディは塗装されておらずプラの地肌の上に直接タンポ印刷が施されている。
塗装が剥がれる心配がないので躊躇なく触れる。
どうせなら印刷もない方が良かった。