セリア 成近屋 ダンプカー

消費税が10パーセントにアップすると正式決定した。
必要な物は増税前に買っておいた方がいいだろう。
ダンプのミニカーが必要だったのでセリアで買ってきた!

運転席の前にエンジン部が張り出している。ボンネット型と呼ばれるタイプだ。

部品の精度が低く、あちこちガタガタ。


真横から見るとスリムな印象。


荷台が大胆に動く。

前面。

運転席やエンジンを囲うオレンジ色部分は合金製。
フロントグリルはモールドではなく印刷なので立体感がない。
だがシールよりはマシだ。


ボンネットと屋根の上は複雑な凹凸が再現されていてカッコいい。


窓ガラスのクリアパーツは綺麗だった。


けっこう細かく再現されている運転席。


後部。荷台のヒンジ部分は耐久性に不安がある。


後部のフラップがカパッと開く。


底もプラ。
画像ではわかりにくいが車軸の入るタイヤの穴が斜めに歪んだ不良品だった。
そのため転がすとガクガクした感触で気持ち悪い。


構成部品のほとんどがプラなのでスッカスカに軽い。20グラムしかない。


全長75.0mm。

はっきり言ってかなりお粗末なミニカーだ。
成近屋が発売している同じ価格のブガッティや赤いジープは素晴らしかった。
品質の差が激しすぎる。